オタ女子はなころの女子力アップ 乙女道!

はなころのモジョカツ!!がリニューアルオープン! アラサーOLのはなころがオタク女子の独自観点からおすすめのコスメをレビュー!無けなしの女子力をレベリングしたい! 女子力アップのための備忘録。 Twitterもやっております→@hanacolo_otome 依頼はこちらへ→hanaColopy@gmail.com

カテゴリ: オタ女子はなころ漫画



皆さまどうも、はなころです。



さいきん、急に寒くなってきましたねえ。


急な寒暖差で体調を崩したり、風邪気味の人もいるのでは?


今日ははなころ流「0円でできる!風邪をひかない方法」を皆さまに伝授いたしますぜ!



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


そう、ワタシが風邪をあまりひかなくなったのは、実はよく笑うようになってからだった。


職業柄よく笑うし、なんだかハタチを過ぎてから笑い上戸になった?というか、笑いのツボが浅くなってしまい、もはや箸が転げてもおかしい的な感じなったはなころ。


特別なことは何にもしてないし、運動とかもまったくしていないけど、そんなに風邪をひかないのはもしかしたら笑い上戸だからなんじゃないかという推論に至ったのである。


そして、笑いと健康についてちょっと調べてみたよ!



○“笑い”がナチュラルキラー細胞を活性化するそうな。


なんと、若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しているらしい。

がん細胞や体内に侵入するウイルスなど、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞っていうんだって。


人間の体内にはNK細胞が50億個もあり、その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなるんだとか。

人間が笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産される。

“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化する。

その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけじゃ。


逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまうんだって。


確かに、暗かった学生時代にはよく腹が痛くなったり、風邪をひいたりしていたかもしれん…。

あと、去年数年ぶりにインフルになった時もめっちゃくちゃ落ち込んでて毎日鬱々としている時期だったんだよー。


FullSizeRender



”笑い”には免疫システム全体のバランスを整える効果がある。


つまりめっちゃ笑うと、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるンだぜ!


○ “笑い”ってまじ万能薬なんやで?


笑うと免疫力が高まるだけでなく、ほかにも体にラッキーなことがあるんだよ。


(1)脳の働きが活性化
脳の海馬は、新しいことを学習するときに働く器官。笑うとその容量が増えて、記憶力がアップ!
また、”笑い”によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスするほか、意志や理性をつかさどる大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、脳の働きが活発になるんじゃ。

(2)血行促進
思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になる。

確かに、ワタシめっちゃ代謝よくてすっげー汗っかきなの。


(3)自律神経のバランスが整う
自律神経には、体を緊張モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、両者のバランスが崩れると体調不良の原因となる。
通常起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うと副交感神経が優位になるので、交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり、自律神経のバランスが整んだよーん。


受験生の時に原因不明の肋間神経痛に悩まされたことがあったんだけど、その頃MAXで暗かった時期だわ。


(4)筋力アップ
笑っているときは心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、いわば”内臓の体操”の状態。静かに過ごすより笑っているほうが、カロリーの消費量が多くなる。


まったく運動してないワタシだけど、チョット腹に力入れると微妙に腹割れてんのよ。これって笑うことが筋トレになっているのかも!


(5)幸福感と鎮痛作用
笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌される。この物質は幸福感をもたらす。

ワタシねぇ。なんにも楽しいことがなくても、なーんか嬉しくなっちゃうことがあるんだけどこれかもしれないわ。なんかね、脳内麻薬的なハイになることがあるんだけど、これはランナーズハイに似ているものらしいわ。



……ってな感じで、調べてみるとワタシの笑い上戸が健康への一端を担っていたということは科学的にも証明されたのだ!


さいきんなんか体調悪い〜とか、よく風邪ひいちゃうーって人は、なんかショーもないことでも笑ってみるとイイかもよん。


FullSizeRender




ってなワケで、たまにはみんなの役に立つはなころでした〜ばいばーい



【四コマ漫画】


ブスだけどコスメ好きであるジレンマ


F9DF1BD3-B3BF-4204-A17C-377B6FDCCE05
0210117D-2397-4A99-AFDC-0D7331D4025E



これが、ワタシの毎日。

ブスだから努力して人並みに少しでも近づかなくては…!というのと、


ブスがデパコス使おうが、プチプラ使おうがブスであることに変わりわねえから別になんだって良くね?と嘆くシーズンが交互に訪れる。




でも、ワタシがコスメを集めるのは、文房具とか画材をあつめる感覚に近いので、もちろんドブスからブスくらいにはないたいけど、それ以上に集めることへのワクワク感がたのしいです。


でも、ブスのくせに…


アア。



無限ループ!!!!




皆さま、お晩でございます。

はなころです。



久しぶりの更新何にしようかなと考えて、はなころの学生時代を振り返るノスタルジィシリーズをやっていこうかなと。


と言うのも、現在私生活で特にこれと言ったスキャンダラスな出来事が無くてですね。

そんなしょっちゅうスキャンダラスなことが起こってもイヤなのですが。

毎日コジコジばかりみています。ええ、平和。


さて、今回振り返るのは、はなころの高校2年生での出来事。

学生時代は暗黒時代とまではけっして言いませんが、ワタシは社会人になったいまの方が断然生きやすいです。

その頃は、自分の個性を殺して、周りの普通の高校生に擬態しようと必死でした。



ちなみに、スクールカーストでいうと…

FullSizeRender

この辺でした。


前置きが長くなりましたが、今回振り返るノスタルジィ話は、


陽キャはここまで許されるのか…と戦慄した話。



IMG_5735

クラスの陽キャが授業中にマンガを読んでいた。

すると…


IMG_5736


陽キャが授業中にも関わらず、嗚咽を漏らしながら泣き始めたではないかッッ


FullSizeRender


奇々怪々な言動を繰り返す当時のワタシですら、このイベントはかなり痛いなっていう感覚が全身にほとばしりました。



だって、同じことをこのワタクシがやってご覧なさい。



「うわぁ〜はなころさん授業中に泣き出したよ…(白い目)」

「やっぱかなり電波さんだよなァ、アイツ…(白い目)」




どう考えたってイタすぎる…
こりゃ満身創痍確定イベでござる。


ワタシは自分の身に置き換え、この陽キャの行動に対し、戦慄していた。




FullSizeRender





FullSizeRender




…なん………だと!?


一体いつから「コレはイタイ言動である」と錯覚していた?



なんと、クラスの陽キャ軍団の反応はワタシの予想の射程圏内を大きく越えてくる反応を示したのである。





FullSizeRender



おいおいおい。待て待て待て。



陽キャなら何をしても許されるのか。



この世界の理をも覆すのが、陽キャなのか。。


普通なら、ドン引き案件なこんな凄惨な事件ですら、塗り替えてしまうのか。陽キャよ……







カースト上位の脅威を思い知ったはなころであった……



FullSizeRender




つづ……かない








FullSizeRender


そんなときは、わたくしの特技である
圧倒的な想像力でもって相手を制圧します。


最近は、サイコパスというアニメを観ていたので…

FullSizeRender
IMG_0134






FullSizeRender



スッキリです。



こんなことを考えている自分が一番、潜在犯なのですが。



元ネタ↓








進撃の巨人にはまっていた時は、奇行種は うなじを削いでましたし、
卍解もしますし、ハナキン・スカイウォーカーになってフォースの力を使って相手をこらしめたりしています。







自分が一番、ダークサイドな人間なんですけどね☆













 

このページのトップヘ