オタ女子はなころの女子力アップ 乙女道!

はなころのモジョカツ!!がリニューアルオープン! アラサーOLのはなころがオタク女子の独自観点からおすすめのコスメをレビュー!無けなしの女子力をレベリングしたい! 女子力アップのための備忘録。 Twitterもやっております→@hanacolo_otome 依頼はこちらへ→hanaColopy@gmail.com

2018年04月




FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender






こういう失敗をしてしまった焼肉屋さんは全世界で何人いるんだろう…と毎度思いを馳せてしまうあみ取り替えの儀。




みなさま、こんにちは。


前回の話に引き続き、喪女に喪女らしからぬ事件がおこったお話です。



突然のデートのお誘いを猜疑心に打ち勝ち承諾したわたくしは、とりあえず飯に行くことにしました。



FullSizeRender



いや、まじでほぼ初対面状態だし、オタ友はLINE未読スルーするし、完全にアウェー。





つらい。なんかもうすでにつらい。



でも頑張って会ってきましたよ。



どうせ、会ったら「うわっなんだこのブスで地味な喪女は…No thank you!!」って思われるに決まっていると思ったので開き直って行ってきました。そしたらですね…



FullSizeRender



予想に反して好かれてしまった…



クソ。まったくもってクレイジーです。



それからというもの、毎日連絡がきます。



しんどい。しんどみがハンパないです。


ボク、基本LINEとか電話とか使わないんで。
毎日やり取りするとか拷問でしかないんで。



別にこのフランス人が特別悪いヤツとかそういうことじゃないんです。


そしてこれは、わたしが喪女たる所以なのですが、



わたしは異性に私より先に好意を向けられると一気に興ざめしてしまうのです。

FullSizeRender

うわっコイツ…趣味悪ッって思ってしまうのです。



何をするにもオタク気質なので、追いかけられるより追いかけたいのです。
愛されるよりも、愛したいマジでなんです。


1万回ダメでヘトヘトになっても1万1回目には何か変わるかもしれないと信じているのです。



こんなんだから、喪女なのです。



我慢して用意された舟に飛び乗れば、脱喪女のステータスを手に入れることはできるでしょう。



ただ、リア充というステータスは、自分の感情を殺してまで手にしなければいけないものなんでしょうか??



妥協した付き合いなんて、何が楽しいのでしょうか?



そんなの時間の無駄だと思うわけです。





なのに、流れでまた会う約束をしてしまいました。すでにナーヴァスです。



行きたくないよおお!

FullSizeRender



自分でも思うのですが、なんて損な性格なんでしょう。




わたしは、わたしがすきになった人と両思いになりたいのです。



たったそれだけの事なのに、なんでこんなに難しいんでしょう。つらっ









つづく...のか?!





■はなころ■

FullSizeRender

モテない地味な会社員。
 地味なくせにわりと目立ちたがり屋。
喪女の生き証人のような人物。

将来の夢はお嫁さんになること。
(孤独死しないこと)





■うさお■

FullSizeRender

はなころが小学校2年生の時に創り出したキャラクター。 ジェンダーレス。

はなころの相棒で、一緒に馬鹿をやってくれることもしばしば。

はなころが人物を描くのが面倒くさい時にエキストラとして出演もしてくれるできるウサギ。






■みっちゃん■


FullSizeRender


はなころが生まれたときにもらったクマのぬいぐるみ。

はなころのモジョカツ!!では、冷静なツッコミ役として活躍。

友だちがいない はなころの遊び相手になってやる反面、そんなはなころに若干引き気味の様子。

もとはシロクマだったという伝説を持つクマ。









このページのトップヘ